専用サーバーのロゴ

Q&Aトップへ戻る

■簡単な負荷分散:DNSラウンドロビン

順調にアクセスが増えてくると負荷や回線速度の限界を感じることがあると思います。

DNSラウンドロビンというDNSレベルのサーバ振り分けで負荷分散を行うことができます。
仕組みは簡単で、DNSのAレコードに複数のIPアドレスを登録しておくと自動的にランダムにアクセスしてくれます。

www IN A xxx.xxx.xxx.100
www IN A xxx.xxx.xxx.101
www IN A xxx.xxx.xxx.102
www IN A xxx.xxx.xxx.103

最近のブラウザは例え1台が停止していても別のサーバを見に行きますので可用性の点でも安心です。
※どのブラウザが対応していないかは未調査。

こうすることによって取りあえずの負荷を分散できるうえ、たとえ一台が停止してしまっても他のサーバが稼働してくれますので数百万円するクラスタシステムを導入しなくても安価に適用できます。

サーバを追加するだけで簡単に負荷を軽減させられる可能性がありますので一度,弊社サポートまでご相談下さい。


※データベースサーバを別途用意するなど、全サーバのデータを統一しておくシステム変更の必要性がありますのでご注意下さい。

 

 

カテゴリ 『 サーバー操作等(運用後) 』を全部表示